Blogger004’s blog

山に登って見たこと聞いたこと感じたことなどを中心に。

【石川県 百名山】白山 日帰り登山 2022年GW

ここ数年来、行きたくてもなかなか行けなかった白山にようやく行くことができました。今回が初めての白山です。

この日の天気予報は晴れでしたが、明け方に小雨が降っており雲が多かったです

市ノ瀬の駐車場には6:30に到着しました。

すでに多くの車が停まっていましたが、駐車スペースはまだありました

雪山が久しぶりで不安でしたし、せっかくの白山なので1泊2日の予定で、しかも念のためテントも担いでいきましたが、結果的には日帰り山行になりました。

6:50 テレマークスキー目的で入山する人が目立ちました

ゲートを通過 自転車を使用する人も当ゲートの脇を通っていきます

市ノ瀬の標高830m、別当出合は1260m その差430mを1時間10分かけて登っていきます。自転車だとどれくらいで別当出合に行けるのでしょうか?

8:00 別当出合到着

2021年冬に雪崩で破損した大鳥居

GWは橋に板が敷き詰められていましたので、安心して渡れました

結構な高さがあります

登り始めは雪はありません

太い枝が登山道を遮っており、重ザックを背負ったまま枝をくぐるのに難渋しました

途中から雪道になり、8:40 中飯場着 ここでアイゼン装着

やがて木々がまばらになり視界が良くなります。しかし結構な急坂です

右手(南東側)には別山が見えました

先人の足跡がしっかりありました

10:00 甚之助避難小屋着 かなり体力を消耗しました

小屋の中は窓も塞がっており真っ暗でした
ヘッデンを点けて小屋内にザックをデポ

サブザックに切り替え出発です

しかし暑いです。この日の服装は裏起毛の長袖シャツとメリノウールアウターの2枚でしたが、半袖で登っている人もいるほどでした

甚之助避難小屋から先は再び急登ですが、荷物が軽くなったので足が前に出ます

前を歩く東南アジア系の登山者はノーアイゼンに木棒を使って登っていました

急登を登り終えると、やっと白山が見えました

振り返り別山がカッコイイ!

弥陀ヶ原 白山室堂までの道のりは平たんな雪原でした

11:40 白山室堂につきました

雪山白山と言えばコレです

10分ほど休憩してから山頂を目指します

左に別山、右に室堂

石がむき出しになっており、アイゼンを履いたまま石の上を歩くと何とも言えない嫌な音がします。でも外すのは面倒なのでこのまま登ります

12:30 御前峰登頂

剣ヶ峰

大汝峰

山頂は冷たい風がやや強く、手袋をしていないとかじかむほどでした

山頂からの風景 東側

山頂からの風景 別山

山頂でアイゼンを外して室堂まで下りてきました

白山室堂は素泊まりのみ営業していたようです。マスクをザックに忘れてしまったため、小屋内に入ることはできませんでした

13:20 白山室堂を出発

振り返り白山。雲で日影ができるのはありがたいです

別山を眺めながら軽快に下ります。別山にはいつか登りに行きたいです

左前方に小屋が見えました。あれが南竜山荘と思われます

十分にかがまないとザックが枝に引っかかってしまいます

15:00 別当出合に戻ってきました

自転車で下りたかったです。別当出合~市ノ瀬間はdocomoの電波が入りました。予定では本日は甚之助避難小屋泊で下界での寝床を確保していなかったため、ホテル検索をしながら下りました

16:20 無事市ノ瀬に下山しました。結果的には寝袋もテントもピッケルも不要でした…

GWにすんなりホテル予約できるはずもなく、市ノ瀬野営場でテントを張ることにしました。ビジターセンターにスタッフが居たので、野営場を使うことができるかと聞きました。スタッフはやや困った表情をし、まだシーズンオフだから自己責任で使用してください、とのことでした。答えにくい質問をしてしまいすみませんでした。

にも関わらず、市ノ瀬野営場の見取図をいただき、設備の説明をしていただきました。ありがとうございました。

A上段エリア

A下段エリア

Dエリア

Cエリア GWの市ノ瀬野営場はそこそこキャンパーがいました

テントを設営してから20分ほど車を走らせ、日帰り入浴施設である白峰温泉 総湯に行き汗を流しました。

終日晴れて、山頂以外は風がほとんどなく、非常に天候に恵まれた登山になりましたが、急登がかなりきつかったです。
また、サングラス&日焼け止め対策&リップクリームは必須です。

最後に、今回のコースタイムでは以下の通りでした。

6:50 市ノ瀬駐車場
↓(1時間10分)
8:00 別当出合
↓(40分)
8:40 中飯場
↓(1時間20分)
10:00~10:40 甚之助避難小屋
↓(1時間)
11:40~11:50 白山室堂
↓(40分)
12:30~12:40 御前峰
↓(20分)
13:00~13:20 白山室堂
↓(30分)
13:50~14:00 甚之助避難小屋
↓(40分)
14:40 中飯場
↓(20分)
15:00 別当出合
↓(1時間20分)
16:20 市ノ瀬駐車場

計 9時間50分

【山梨県】滝子山 破線ルートの寂ショウ尾根(滝子山南稜)ルート 2022年2月27日(日)

ライトな雪山を楽しみたく、2022年2月最後の日曜日に滝子山に登りに行きました。
高尾山から松本行の中央本線に乗り、その電車は松本駅に9時半ごろ到着するとのことで、このまま松本に行きたい衝動を抑え何とか笹子駅で下車しました。

駅から滝子山登山口までは要所要所に案内板があるものの、個人的にやや分かりにくかったので、念のため寂(じゃく)ショウ尾根入口までのガイダンスをしつつ、破線ルートの山行レポートをしたいと思います。

f:id:Blogger004:20220303233005p:plain

写真下の笹子駅を北上し、寂ショウ尾根~滝子山~大谷ヶ丸~コンドウ丸~曲り沢峠~景徳院というコースを歩きました

7時過ぎ、笹子駅で下車した人は5人ほどでした。

気温は1度、裏起毛の長袖シャツに薄手のメリノウールアウター、それに厚手のユニクロフリースという服装でした。

f:id:Blogger004:20220303211754j:plain

駅を出て国道20号を歩きます。
開店前の笹一酒造を右手に見つつ、駅から20分ほど歩きますとバス停「吉久保入口」がありますので、そこを左折します。

f:id:Blogger004:20220303212126j:plain

f:id:Blogger004:20220303212423j:plain

鉄道高架下のトンネルをくぐり、突き当りを右折します

f:id:Blogger004:20220303212654j:plain

数分歩き、稲村神社という神社を左折します。手書きの案内図が目印です

f:id:Blogger004:20220303212843j:plain

手書きの案内図

f:id:Blogger004:20220303213207j:plain

更に数分歩いて突き当りを左折し、

f:id:Blogger004:20220303213319j:plain

緩やかな坂を上っていき、中央道を横切ります

 

 

f:id:Blogger004:20220303213450j:plain

更に数分歩くと桜森林公園のゲートに至ります ゲートには5台ほどの車を停められる駐車場がありました

f:id:Blogger004:20220303213710j:plain

ゲートを開けて中に入り、数分歩きます

f:id:Blogger004:20220303213743j:plain

正面ではなく道なりに右折します

f:id:Blogger004:20220303213826j:plain

さらに歩くと分岐があり、右折すると寂ショウ尾根の入口になります よく見ると右側に看板があります

寂ショウ尾根の看板はあるものの、注意していないと直進してしまいます。なお、直進しても一般の登山道で滝子山に行くことができます。

f:id:Blogger004:20220303213923j:plain

寂ショウ尾根の看板

f:id:Blogger004:20220303214129j:plain

寂ショウ尾根から数分歩きますと廃墟?がありました

f:id:Blogger004:20220303214205j:plain

うっすらルートが残っていますが、あまり歩かれていない様子

f:id:Blogger004:20220303214248j:plain

廃墟から5分ほど歩くと鉄塔に至ります

f:id:Blogger004:20220303214346j:plain

そこからさらに10分程度で林道に出ます

f:id:Blogger004:20220303214525j:plain

林道を右折してすぐに登山道入口があります。

f:id:Blogger004:20220303214630j:plain

入口からさらに5分ほど歩くと尾根に取り付きます

f:id:Blogger004:20220303214730j:plain

尾根は南側斜面のため、日当たりが良く雪はありませんでしたが、平坦なところでは雪が融けずに残っていました

f:id:Blogger004:20220303214836j:plain

富士山がチラチラ見えます

踏み跡が薄くてトレースができなくても、尾根沿いを歩きますので登る方向感を見失うことはなく迷うことはありませんでした。

f:id:Blogger004:20220303214924j:plain

尾根の取り付きから40分ほど歩くと、岩が目立つようになりました

f:id:Blogger004:20220303215022j:plain

クサリ場です

クサリ場より先は両手を使ってよじ登る場面が多いので、ストックはしまった方がよいかもしれません。

雪がありましたが凍結していませんでしたので、軽アイゼンを装着せずに岩場を登りきることができました。

f:id:Blogger004:20220303215136j:plain

f:id:Blogger004:20220303215202j:plain

岩場を登り終えて振り返ると…

f:id:Blogger004:20220303215226j:plain

実感として寂ショウ尾根を下るのは冬期でなくても危険だと思いました

f:id:Blogger004:20220303215725j:plain

 

f:id:Blogger004:20220303215737j:plain

f:id:Blogger004:20220303215753j:plain

幸い凍結しおらずノーアイゼンで下れました

f:id:Blogger004:20220303215911j:plain

10分ほどで分岐に着きました

f:id:Blogger004:20220303215936j:plain

急に雪が増えました

f:id:Blogger004:20220303220358j:plain

f:id:Blogger004:20220303220412j:plain

滝子山山頂まであと少しです

f:id:Blogger004:20220303220500j:plain

滝子山山頂です

f:id:Blogger004:20220303220524j:plain

残念な富士山でした

f:id:Blogger004:20220303220703j:plain

山頂には誰もいませんでした

f:id:Blogger004:20220303221025j:plain

山頂で軽アイゼンを装着しました

f:id:Blogger004:20220303222715j:plain

 滝子山を少し下ると初狩駅方面(直進)と鎮西の池・大谷ヶ丸方面(左)の分岐になりますので、ここを左折しました

f:id:Blogger004:20220303222921j:plain

大谷ヶ丸方面は北側斜面のため結構雪がありました 一番深くて20cmほどです

f:id:Blogger004:20220303223318j:plain

山と高原地図2013では「踏み跡薄い」と書かれていますが、雪道でははっきりと足跡がありましたので問題ありませんでした

f:id:Blogger004:20220303223422j:plain

11:10 滝子山から1時間ほどで大谷が丸に到着 山頂は開けておらず景観はよくありません
 凍結しておらず融雪もしていませんでしたので、ここで軽アイゼンを外しました

f:id:Blogger004:20220303223508j:plain

山と高原地図2013では「滑りやすい急坂」と記載されています

f:id:Blogger004:20220303223614j:plain

f:id:Blogger004:20220303223710j:plain

防火帯です。スキーゲレンデのようでした。山と高原地図2013では「防火帯に入らない」とありますが、だれかが踏み込んだ形跡があります

f:id:Blogger004:20220303223819j:plain

11:55 大谷が丸から45分でコンドウ丸に到着 

f:id:Blogger004:20220303223910j:plain

f:id:Blogger004:20220303223935j:plain

12:10 曲り沢峠

f:id:Blogger004:20220303224016j:plain

f:id:Blogger004:20220303224044j:plain

12:35 曲り沢峠から少し大鹿山方面に歩くと景徳院方面に行ける分岐があります

f:id:Blogger004:20220303224112j:plain

この分岐から景徳院までCTで1時間10分の下山道になります

f:id:Blogger004:20220303224319j:plain

アイゼンを外していたので、雪に足をすくわれ数回コケました

f:id:Blogger004:20220303224418j:plain

13:25 分岐から50分で下山しました

f:id:Blogger004:20220303225834j:plain

f:id:Blogger004:20220303224501j:plain

景徳院 100円を投下しました

f:id:Blogger004:20220303225851j:plain

f:id:Blogger004:20220303225906j:plain

f:id:Blogger004:20220303225920j:plain

武田勝頼 終焉の地です

f:id:Blogger004:20220303230108j:plain

景徳院前のバス停で甲斐大和駅に行きました

f:id:Blogger004:20220303230421j:plain

14:00 駅から徒歩数分の場所にセブンイレブンがありましたので、山の上ニューイという長野・山梨限定のクラフトビールを購入。フルーティで口当たりがよくおいしかったです

ピッケル不要、ラッセルもちろんなし、樹氷・霧氷・エビの尻尾なし、そんな雪山の登山でしたが、天候にも恵まれて楽しい休日を過ごすことができました。

高知県四万十町の無料キャンプ場「三堰キャンプ場」 & 香川県観音寺市の100円キャンプ場「一の宮公園内キャンプ場」

11月に四国に行ってきました。
高知県四万十町の「三堰キャンプ場」と香川県観音寺市の「一の宮公園内キャンプ場」を利用しましたので、ここに記しておきたいと思います。

三堰(さんせき)キャンプ場をご紹介する前に、そこへの移動中に魅力的なキャンプ場がありましたので、まずはそこから。

四国南西部、愛媛県愛南町にある「須ノ川公園キャンプ場」

[http:title]

f:id:Blogger004:20211113202939j:plain

素敵な利用料金です

f:id:Blogger004:20211113203116j:plain

かなりいいカンジのキャンプ場です

f:id:Blogger004:20211113203624j:plain

キャンプ場のそばに駐車場が隣接し、綺麗な水洗トイレもありました

そんな須ノ川公園キャンプ場を後にし、四万十町の三堰キャンプ場に行きました。
15時過ぎにキャンプ場に到着。

[http://:title]

f:id:Blogger004:20211114110002j:plain

案内板がありますのでアクセスは難しくありませんでした

f:id:Blogger004:20211113205527j:plain

基本的なルールは有料キャンプ場と同じようです

f:id:Blogger004:20211113205638j:plain

駐車場近くに無料の薪置き場がありました

f:id:Blogger004:20211113205714j:plain

なんて素敵なんでしょう

f:id:Blogger004:20211113205913j:plain

河原のキャンプ場です 河原なのでゴロ石だらけです

f:id:Blogger004:20211113210050j:plain

ゴロ石の河原でもテントが張れそうな場所がありました
キャンパーがここにテントを張っている感じが見てわかります

f:id:Blogger004:20211113210638j:plain

日が傾いており雨予報でもなく空から枯葉や虫などが降ってくる感じではないので、タープを張るのは止めました 目の前に四万十川が流れています

f:id:Blogger004:20211113211143j:plain

初めて竹を燃やしました かなり勢いよく燃えました!

f:id:Blogger004:20211113211551j:plain

平日ということもあったせいか独占状態でした

f:id:Blogger004:20211113212229j:plain

葉紅葉と四万十川

f:id:Blogger004:20211113212347j:plain

堰がありますので川の流れが穏やかになっています

f:id:Blogger004:20211113212416j:plain

清流って感じです

f:id:Blogger004:20211113212104j:plain

石で肉を焼いてみました

f:id:Blogger004:20211113212536j:plain

翌日、せっかくの四万十町なのでうなぎをいただきました
@うなきち

f:id:Blogger004:20211113213009j:plain

四国カルストを観光して香川県観音寺市一の宮公園内キャンプ場に行きました

[http://:title]

f:id:Blogger004:20211113213117j:plain

利用料は市民は50円、それ以外は100円です
イサム・ノグチデザインの遊具で子どもが遊んでいました

f:id:Blogger004:20211113213938j:plain

管理事務所で100円払った際にもらった資料です

f:id:Blogger004:20211113215026j:plain

徒歩数分で瀬戸内海が見られます
ここから車で20分ほどに「日本のウユニ塩湖」と言われる父母ヶ浜(ちちぶがはま)がありますが、今回は行けませんでした

ちなみに四万十町の三堰キャンプ場は、じゅんいちダビッドソンが行ったことのあるキャンプ場ですので、興味がある方はYoutubeで見てみてはと思います。

【四国 二百名山】三嶺 -四国一美しい山へ- 2021年11月2日~3日

三嶺は「みうね」または「さんれい」とも言い、とあるサイトでは四国一美しい山と紹介されています。
三嶺登山口である名頃駐車場の場所は、日本三大秘境のひとつ、祖谷渓(いやけい)の奥に位置し、秘境中の秘境にあります。

そのような秘境の山に登りに行きました。

今回のコースを地図で記すと下記のとおりです。

f:id:Blogger004:20211113145841j:plain

紫が1日目ルート、緑が2日目ルート、オレンジが自転車ルート

午前6時にゴールの見ノ越駐車場に到着し、そこに折りたたみ自転車を預けてから名頃駐車場に向かいました。チャリデポ登山です。

f:id:Blogger004:20211113081441j:plain

6:40 名頃駐車場に車を停め、登山を開始します

f:id:Blogger004:20211109195143j:plain

自然林の登山道を登りはじめます
秘境の登山道ということで気分が上がります

f:id:Blogger004:20211109200610j:plain


暫く登っていると「ダケモミの丘」というポイントに着きました。ダケモミとはウラジロモミのことです。

なお、四国に生息するクマは現在剣山系に数十頭程度で、絶滅が危惧され保護活動が行われているほどですので遭遇率はかなり低そうですが、念のためクマ鈴を装着しました。

f:id:Blogger004:20211109200944j:plain

今気づきましたが、標識の上に載っているブツは何なのでしょう?

f:id:Blogger004:20211109201149j:plain

しんとしたウラジロモミの森

f:id:Blogger004:20211109201217j:plain

ウラジロモミの葉

f:id:Blogger004:20211109201426j:plain

やがてササが目立つようになりました

f:id:Blogger004:20211109201511j:plain

サラサドウダンでしょうか 紅葉がきれいです

f:id:Blogger004:20211109201544j:plain

左側の視界が開けてきました

f:id:Blogger004:20211109201712j:plain

天気は良いですがモヤがかかっています

f:id:Blogger004:20211109202105j:plain

巨岩が特徴的です

f:id:Blogger004:20211109202318j:plain

そこそこの急登を登り、やっと分岐に着きました
標識の目の前が池で、右側が三嶺ヒュッテ、左側を登っていくと三嶺山頂になります

f:id:Blogger004:20211109202759j:plain

三嶺ヒュッテ

f:id:Blogger004:20211109203029j:plain

ピラミダルな山容の三嶺

f:id:Blogger004:20211110124807j:plain

紅葉したコメツツジ

f:id:Blogger004:20211109203400j:plain

9:30 三嶺山頂到着

f:id:Blogger004:20211109203435j:plain

山頂で会った登山者曰く、2週間ほど前に新たな標識になったようです

f:id:Blogger004:20211109204227j:plain

三嶺の西側、西熊山・天狗塚一帯のササ(ミヤマクマザサ)とコメツツジ群落は国指定天然記念物です

本当は、天然記念物となっているエリアを散策したかったのですが、このエリアのコメツツジの紅葉がほぼ終わっていて楽しめそうにありませんでしたので諦めました。

f:id:Blogger004:20211109210350j:plain

南東方面 正面奥が双耳峰の石立山

f:id:Blogger004:20211109210942j:plain

山頂から三嶺ヒュッテ方面に剣山が望めるらしいですが残念です

f:id:Blogger004:20211109211538j:plain

魚眼レンズを使用してみました

f:id:Blogger004:20211109212826j:plain

山頂直下はかなりの急坂になります 登ってくるのも大変そうです

f:id:Blogger004:20211109213319j:plain

振り返り、再びピラミダルな山容の三嶺

f:id:Blogger004:20211109213407j:plain

ミヤマクマザサはクマザサより小ぶりのようです

f:id:Blogger004:20211109213627j:plain

ミヤマクマザサのじゅうたん

f:id:Blogger004:20211109214519j:plain

登り返します

f:id:Blogger004:20211109214546j:plain

スギゴケじゅうたん

f:id:Blogger004:20211109214658j:plain

振り返り三嶺を見ます どっしりとした山容です

f:id:Blogger004:20211109214851j:plain

ススキです 植生がいろいろ変わって面白いです その向こうが白髪山分岐 

f:id:Blogger004:20211109215726j:plain

白髪山分岐からの三嶺

f:id:Blogger004:20211109215821j:plain

本日お世話になる白髪避難小屋が見えました

f:id:Blogger004:20211109215948j:plain

11:50 白髪避難小屋に到着 小屋内外にトイレはありません

f:id:Blogger004:20211109220040j:plain

小屋入口の靴脱ぎ場(写真手前)に焚き火の灰がありました 小屋内がやや煙臭かったのでテン泊にしようか迷いましたが、結局小屋泊にしました

f:id:Blogger004:20211109221022j:plain

三嶺(写真上部)を見ながらランチにします どれを食べよう…

f:id:Blogger004:20211109222053j:plain

白髪避難小屋から三嶺が良く見えました

f:id:Blogger004:20211113151236j:plain

もう1枚

f:id:Blogger004:20211109222301j:plain

南側もよい眺めでした

f:id:Blogger004:20211109221533j:plain

距離が50mなのではなく標高が50mの間違いではないかと思いたくなるほど、水場に行くのに結構な急坂を下りました

f:id:Blogger004:20211114091218j:plain

逆光で見にくいですが、写真中央が小屋です
小屋近くにテン場スペースが3つ4つほどありました

f:id:Blogger004:20211109222732j:plain

翌日、ガスっていて三嶺のモルゲンロートが期待できませんので夜明け前に出発します。登山道が踏まれていますのでガスっていても迷うことはありません

f:id:Blogger004:20211113151900j:plain

夜明けのようです

f:id:Blogger004:20211109223005j:plain

モルゲンロートの三嶺がかろうじて見えました

f:id:Blogger004:20211109223125j:plain

ガスが晴れてきました

f:id:Blogger004:20211111220153j:plain

かすかにブロッケン現象

f:id:Blogger004:20211109223245j:plain

左手前のこんもり山が高の瀬(こうのせ)、その右奥に剣山(左)と次郎笈(右)

f:id:Blogger004:20211109223608j:plain

7:00 高の瀬の様子

f:id:Blogger004:20211109223653j:plain

消費期限切れのフランスパンで腹ごしらえします

f:id:Blogger004:20211109223818j:plain

先ほどのガスが嘘のような快晴の朝です

f:id:Blogger004:20211109223943j:plain

朝露に濡れたササがキラキラしてきれいでした

f:id:Blogger004:20211109224159j:plain

8:00 丸石避難小屋

f:id:Blogger004:20211109224318j:plain

地面がやや斜めですが、小屋の南側にテントを張れそうなスペースがありました

f:id:Blogger004:20211114101300j:plain

丸石避難小屋から先はブナ尾根になります

f:id:Blogger004:20211109224710j:plain

丸石が見えました

f:id:Blogger004:20211109224841j:plain

8:30 丸石登頂

f:id:Blogger004:20211109225017j:plain

左の剣山と右の次郎笈(ジロウギュウ)が良く見えます

f:id:Blogger004:20211109225317j:plain

f:id:Blogger004:20211109225550j:plain

右のジロウギュウに登った後に左の剣山に登るのは辛そうです シャリバテしたのでここでカロリーメイト補給

f:id:Blogger004:20211109225836j:plain

10:00 ジロウギュウ登頂

f:id:Blogger004:20211109230100j:plain

本日歩いてきた三嶺方面(西側)

f:id:Blogger004:20211109230226j:plain

南側

f:id:Blogger004:20211109230555j:plain

南側の奥に(恐らく)土佐湾がみえました

f:id:Blogger004:20211113132526j:plain

再び魚眼レンズ登場

f:id:Blogger004:20211113152650j:plain

f:id:Blogger004:20211109230817j:plain

最後の登り 剣山に向かいます

f:id:Blogger004:20211113132758j:plain

いい感じに色づいています

f:id:Blogger004:20211109231321j:plain

剣山への最後の登りです

f:id:Blogger004:20211111081833j:plain

11:00 剣山に到着
剣山は別名「太郎笈(タロウギュウ)」と言うようです

f:id:Blogger004:20211113152956j:plain

ジロウギュウ かっこいい山です

f:id:Blogger004:20211113133147j:plain

剣山山頂は散策できる木道になっています 周りの景観はジロウギュウと似ていますし、ここは以前観光登山したことがありますのでサクッと回ります

f:id:Blogger004:20211111083630j:plain

山頂から階段を下りて剣山頂上ヒュッテ

f:id:Blogger004:20211111083711j:plain

ヒュッテから徳島市街と眉山(写真中央)がみえました

f:id:Blogger004:20211111083950j:plain

右下に剣山登山リフトが見えます

f:id:Blogger004:20211113134240j:plain

奇岩の間にジロウギュウ 右側の岩が大剣神社の御神体「御塔石」

f:id:Blogger004:20211111084133j:plain

f:id:Blogger004:20211111084211j:plain

12:30 剣山登山口に下りてきました

f:id:Blogger004:20211111084243j:plain

気温は7度でした

f:id:Blogger004:20211111084450j:plain

剣山登山口 山頂から1時間ほどで下山しました

f:id:Blogger004:20211111084513j:plain

見ノ越駐車場 11/3は祝日なので満車です

f:id:Blogger004:20211111122926j:plain

デポしてあった自転車で三嶺登山口である名頃駐車場に行きます

f:id:Blogger004:20211114094348j:plain

オレンジ部分が自転車区間になります

f:id:Blogger004:20211111123636j:plain

見ノ越駐車場から名頃駐車場へ行く道はほぼ下りなので、ほとんど自転車を漕がずに名頃駐車場に行くことができました 所要時間30分

f:id:Blogger004:20211111124247j:plain

途中、秘境スポットであるかずら橋がありました
この橋を渡って登山道を登ると丸石避難小屋に行けます

名頃駐車場から1時間車を走らせ「和の宿 ホテル祖谷温泉」に行きました。

www.iyaonsen.co.jp

ケーブルカーで降り、秘境の峡谷を見ながら露天風呂に入れる温泉です。

温泉の温度はぬるめでしかも洗い場がありませんので、露天の湯と峡谷の景色を楽しんだ後はケーブルカーに乗って施設に戻り、内湯で身を清めました。

風呂代は@1700円と少しお高めですが、日本三大秘境に来てケチることもないので峡谷の温泉を楽しみました。ちなみ当ホテルから観光スポットの小便小僧が近いですが、スケジュールの都合で行けませんでした。

今回は三嶺のモルゲンロートが見られず、コメツツジの紅葉もあまり楽しめなかったものの、Tシャツの上に1枚羽織る程度の適温であり、一眼レフが使用できるほど天候にも恵まれ、風も弱く、ずっと登りたかった山でしたので充実した縦走となりました。

最後に秘境の写真で終わりたいと思います。

f:id:Blogger004:20211113145257j:plain

【日光】きつかった大真名子山・小真名子山 2021年10月3日

百名山男体山、二百名山の女峰山に登ろうとして登山地図を眺めていると、大真名子山・小真名子山という山の存在に気付く人が多いのではないでしょうか。
ですが、なかなか登るまでには至らないという人もいるかと。

そんな山を登ってきましたが、その前に日光ファミリーについてざっとネットで調べたところのうんちくを書かせていただくと、日光ファミリーは以下を意味するようです。

男体山 父
女峰山 母
太郎山 長男
大真名子山 次男
小真名子山 三男

とここで、「大真名子山・小真名子山は「子」が付くだけに女系なのでは?」という疑問を持たれるかもしれませんが、「真名子」とは「愛児(まなご)」のことだそうで、どうやら女系ではないようです。

さて、いきなりの余談はこれぐらいにしつつ、いろは坂を上って中禅寺湖を過ぎ、戦場ヶ原の先、三本松駐車場(無料)に着いたのは5:30AMごろでした。
標高1395mであるここの気温は2度。Tシャツ+長袖アウターでは寒いので、予備に持ってきたジャージを羽織りました。

緊急事態宣言解除後初めての週末でしたが、駐車場は7割ほどしか埋まっていませんでした。まだ6時前なので当たり前ですかね。

今日はこの駐車場から歩いて2時間30分ほどかかる志津乗越というところから登山を開始しますが、2時間半も歩きたくないので自転車を持ってきました。
なお、今夏の南ア悪沢岳山行の際に畑薙(はたなぎ)第一ダムの駐車場から椹島(さわらじま)までの17kmを自転車に乗りその実用性を実感しているため、今回も時短に貢献してもらいます。

f:id:Blogger004:20211004192228j:plain

今回のコースタイム 計7時間15分

◆三本松駐車場 6:00
↓ 1時間10分
◆志津乗越 7:10
↓ 1時間10分
大真名子山 8:20
↓ 30分
◆鷹の巣 8:50
↓ 30分
◆小真名子山 9:20~9:30
↓ 40分
◆富士見峠 10:10~10:30
↓ 2時間15分
◆志津乗越 12:45
↓ 30分
◆三本松駐車場 13:15

f:id:Blogger004:20211004194314j:plain

クマ除けのため、自転車のベルをちりんちりんと鳴らします

f:id:Blogger004:20211004194728j:plain

30分ほどで梵字飯場駐車場が見えました 満車でした

f:id:Blogger004:20211004194530j:plain

体力を温存すべく、上り坂では自転車を降りて歩きます。往きは緩やかな上りが多いです

ちなみに、三本松駐車場から最初の10分ほどは未舗装路ですが、その先志津乗越までは舗装路ですのでこんな折りたたみ自転車でもなんとかなります。
ただ、路面がややでこぼこする箇所があったり、2日前は台風でしたので中太の折れた幹が道を遮っていたりしましたので、スピードの出しすぎには注意が必要でした(特に帰り道)。

f:id:Blogger004:20211004194943j:plain

志津乗越に着きました。男体山の登山口です

f:id:Blogger004:20211004195027j:plain

反対側が大真名子山登山口です。ここで自転車をデポして登山開始です

f:id:Blogger004:20211004195204j:plain

信仰の山っぽいです

f:id:Blogger004:20211004195251j:plain

分かりにくいですが、のっけから急登が続きます

f:id:Blogger004:20211004195327j:plain

この山ではこの四角い印がメインの目印になりますが、ピンクテープやペンキもあります

f:id:Blogger004:20211004195443j:plain

個人の感覚ですが、この急登の連続を登っていて「横尾からの蝶ヶ岳(北ア)」や「黒戸尾根(南ア)」の登りがフラッシュバックしました。かなりしんどいです

f:id:Blogger004:20211004201245j:plain

クサリ場です

f:id:Blogger004:20211004201428j:plain

クサリ場を登りきると平坦な道になります。かなり癒されます

f:id:Blogger004:20211004201525j:plain

紅葉が始まってきれいですが、再び急登でそれどころではありません

f:id:Blogger004:20211004201809j:plain

ここが大真名子山の核心部?「千鳥返し」です

f:id:Blogger004:20211004202651j:plain

f:id:Blogger004:20211004202726j:plain

振りかえると男体山が良い眺めです

f:id:Blogger004:20211004202825j:plain

奥白根山方面

f:id:Blogger004:20211004202939j:plain

「千鳥返し」から5分ほどで山頂に到着 8:20

f:id:Blogger004:20211004203028j:plain

f:id:Blogger004:20211004203118j:plain

左から小真名子山、帝釈山、女峰山ですが、木が邪魔ですね

f:id:Blogger004:20211004203221j:plain

男体山方面もやや木が邪魔でしたが、奥白根山方面は開けていました

f:id:Blogger004:20211004203605j:plain

山頂を後にし、少し平坦な道を歩きます

f:id:Blogger004:20211004203746j:plain

f:id:Blogger004:20211004203824j:plain

右側が崩れていますが、登山道に影響はありません

f:id:Blogger004:20211004203930j:plain

f:id:Blogger004:20211004203951j:plain

やがて乗越である「鷹の巣」まで一気に下ります

f:id:Blogger004:20211004204059j:plain

鷹の巣に到着 大真名子山はかなり急こう配な山でした

f:id:Blogger004:20211004204214j:plain

しかし小真名子山はまた急登の登りです

f:id:Blogger004:20211004205615j:plain

行程にして2/3ほど、標高にして200mの内150m登ったところでようやく平らになりますが、やがてまた少し急坂を登ります

f:id:Blogger004:20211004210041j:plain

9:20 小真名子山登頂
帝釈山(手前)と女峰山(奥)はそこそこ見えますが、

f:id:Blogger004:20211004210439j:plain

大真名子山とその奥の男体山方面と、

f:id:Blogger004:20211004210738j:plain

奥白根山方面はご覧の通りあまり眺望は良くありません

f:id:Blogger004:20211004211003j:plain

山頂から5分ほど歩くと反射板がありました。こちらの方が見晴らしが良いです

f:id:Blogger004:20211004211304j:plain

手前右の太郎山と左の尖った奥白根山がよく見えます

f:id:Blogger004:20211004211511j:plain

左が帝釈山 右が女峰山 立派な山容です

f:id:Blogger004:20211004211702j:plain

小真名子山の急な下りを経てガレ場たどり着きます
浮石多数なので少しずつ下ります ガレバキライ

f:id:Blogger004:20211004212208j:plain

足元を見て下らなければならないことは分かってはいるのですが…
山容では男体山よりこちらのほうが好きです

f:id:Blogger004:20211004213135j:plain

100mは下りますでしょうか、まさかこんなガレ場を下ることになるとは思いませんでした

f:id:Blogger004:20211004213321j:plain

下るのも辛いですが、登りも辛いですね

f:id:Blogger004:20211004213618j:plain

難所を下り終えるあたりでは女峰山は見えなくなっていました

f:id:Blogger004:20211004213756j:plain

10:10 富士見峠に到着しました ふぅ
ちらっと女峰山に登ろうかとも思いましたが、緊急事態宣言解除後の週末で渋滞に巻き込まれるのを恐れ、早々に下山することにしました

f:id:Blogger004:20211004214019j:plain

ほぼ平坦な道ですが、こんな感じの林道が2時間続きます…

f:id:Blogger004:20211004214258j:plain

振りかえると、小真名子山山頂に雲がかかりつつあります ガレ場も見えます

f:id:Blogger004:20211004214618j:plain

土砂崩れのようです 葉は色づいていました

f:id:Blogger004:20211004214856j:plain

ダケカンバの林道を歩きます

f:id:Blogger004:20211004215058j:plain

カラマツの林道もありますが、まだ黄葉していません

f:id:Blogger004:20211004215337j:plain

一般車通行止めです

f:id:Blogger004:20211004215520j:plain

12:45 ようやく志津乗越まで戻ってきました 後は自転車で下るだけです

f:id:Blogger004:20211004215620j:plain

梵字飯場駐車場を颯爽と通り過ぎます

f:id:Blogger004:20211004215732j:plain

13:15 三本松駐車場に戻ってきました

大真名子山・小真名子山は三百名山にもなっていない山ですが、実に登り甲斐のある山でした。双方の山ともに急勾配であり、ガレ場が印象的なきつい山でしたが、男体山と女峰山の間にある山なだけに、両名山をそれぞれ同じ距離感で楽しむことができました。

また、自転車を使用することでどれだけ時短になるのかについても記しておきたいと思います。

(往路:三本松駐車場→志津乗越)
徒歩2時間35分(山と高原地図コースタイム)
自転車で1時間10分
1時間25分短縮

(復路:志津乗越→三本松駐車場)
徒歩2時間10分(山と高原地図コースタイム)
自転車30分
1時間40分短縮

なお、自身の備忘のため、梵字飯場駐車場までの行き方も記しておこうと思います。
登山地図ですと徒歩ルートは紫の道をたどりますが、この道を車で行くことは厳しいです。車では水色の道をたどって梵字飯場駐車場に行けます(帰り道で自転車で水色のルートをたどって確認しました)。
そこまで悪路でもないので、よほど車高の低い車でない限りは底を擦らないで行けると思います。
次回志津乗越に行く際は、車で梵字飯場駐車場まで行ってみようと思います。

f:id:Blogger004:20211004230253p:plain

ヤマプラをもとに作成
紫が徒歩ルート、水色が自動車ルート

日光ファミリーの山は残すところ女峰山だけですので、またいつか霧降高原などから登ろうと思います。

なお、ご参考までに他の日光ファミリー登山の記録をリンクしておきます。

男体山 2018年9月

太郎山 2020年11月

【百名山】浅間山 登山&キャンプ 9月3連休

3連休2日目、台風一過の好天を期待し、未明の中登山道具とキャンプ道具を持って車に乗り込みました。
上信越自動車道の松井田妙義ICを過ぎ、長いトンネルを抜けると曇天だったことに愕然とし、気分萎えぎみに高峰高原へ向かいました。

小雨の降る中、峠道を登っていくとやがて雲を抜け、高峰高原に着くと雲海が広がっていました。
登る前から絶景です。

f:id:Blogger004:20210923104831j:plain

高峰高原ホテルの無料駐車場には午前6時過ぎに到着しましたが、すでに9割ほどの駐車率でした。さすが連休…
ホテルから車坂峠登山口まで徒歩1分なのですぐにわかりました。
なお、ホテルそばの駐車場は40台ほど停められます。登山口そばの高峰高原ビジターセンターにも50台ほどの駐車場があります。いずれも無料です。

f:id:Blogger004:20210923105341j:plain

2021年9月現在、噴火警戒レベルは「1」

コースタイム

計 6時間30分

車坂峠登山口 6:40~(50分)~トーミの頭 7:30~(30分)~湯の平分岐 8:00~(70分)~前掛山 9:10-9:30~(50分)~賽の河原分岐 10:20~(50分)~仙人岳 11:10~(20分)~蛇骨岳 11:30~(20分)~黒斑山 11:50~(80分)~車坂峠登山口 13:10

f:id:Blogger004:20210923113545p:plain

ヤマプラをもとに作成

車載温度計は10℃を指していましたので、半袖では寒く1枚薄手のアウターを羽織ります。

勾配はきつくなく淡々と登る感じの登山道です。
黒斑山へのアプローチには「表コース」と「中コース」がありますが、「中コース」を選択しました。
樹林帯を50分ほど登ると分岐に着きました。

f:id:Blogger004:20210923121114j:plain

逆光なので標識が見えませんが、左が「黒斑山」 右が「車坂峠 表コース」です

黒斑山方面に向かうと視界が開けました。

f:id:Blogger004:20210923121512j:plain

f:id:Blogger004:20210923122819j:plain

右側の峰が八ヶ岳のようです

f:id:Blogger004:20210923121842j:plain

北アルプスの槍穂も見えました

トーミの頭に着きました 7:30

f:id:Blogger004:20210923123023j:plain

f:id:Blogger004:20210923123116j:plain

外輪山

f:id:Blogger004:20210923123136j:plain

浅間山

f:id:Blogger004:20210923123159j:plain

あそこの茶色い辺りが「Jバンド」なのでしょうか

トーミの頭を過ぎると分岐になり、直進すると黒斑山方面で外輪山を縦走することになり、右折して「草すべり」を下りると湯の平経由で前掛山に行くことになります。
どちらに進もうか少し迷いましたが、まず前掛山に行ってから「Jバンド」を登り、前掛山を眺めつつ外輪山を歩く方が前掛山の余韻に浸れそうなので、「草すべり」を下ることにしました。

f:id:Blogger004:20210923123505j:plain

f:id:Blogger004:20210923123653j:plain

「草すべり」を急降下しますが、思ったほど急でもなく、草で滑りやすいわけでもありませんでした

f:id:Blogger004:20210923124012j:plain

分かりにくいですが、ロープやクサリがあっても良いと思える場所が1か所ありました

f:id:Blogger004:20210923124221j:plain

下りきると樹林帯に入ります

f:id:Blogger004:20210923124315j:plain

湯の平分岐 ここで天狗温泉浅間山荘コースと合流します

f:id:Blogger004:20210923124739j:plain

少し歩くと賽の河原分岐です

f:id:Blogger004:20210923124905j:plain

低木のカラマツロードです 紅葉時期が面白そうです

f:id:Blogger004:20210923125111j:plain

やがてカラマツもなくなり、火山帯エリアになります

f:id:Blogger004:20210923125222j:plain

だいぶ登ってきました

f:id:Blogger004:20210923125410j:plain

一旦登り切ります 火口へは行けませんので右折します

f:id:Blogger004:20210923125620j:plain

避難シェルターおよび第2外輪山の様子

f:id:Blogger004:20210923125729j:plain

f:id:Blogger004:20210923125826j:plain

今まで登ったことのないような山の雰囲気でした

f:id:Blogger004:20210923130033j:plain

ほのかな硫黄の香りが漂っていました

f:id:Blogger004:20210923130115j:plain

9:10 スタートから2時間半で登頂です

f:id:Blogger004:20210923131146j:plain

富士山・八ヶ岳方面の眺めがサイコーです

f:id:Blogger004:20210923130604j:plain

富士山アップ

f:id:Blogger004:20210923130818j:plain

八ヶ岳

f:id:Blogger004:20210923130939j:plain

北アルプス方面

f:id:Blogger004:20210923131348j:plain

山頂の様子

f:id:Blogger004:20210923131520j:plain

そろそろ戻ります

f:id:Blogger004:20210923131631j:plain

外輪山の全容

f:id:Blogger004:20210923131812j:plain

下りてきました これから外輪山を登りますが壁ですね…

f:id:Blogger004:20210923131934j:plain

前掛山のトラバース道がよく見えます

f:id:Blogger004:20210923132238j:plain

壁のように見えますが、こんな感じで登っていけました

f:id:Blogger004:20210923132902j:plain

でも急登でかなりキツいです 落石にも注意です

f:id:Blogger004:20210923132956j:plain

最後は左側にトラバースしていきます

f:id:Blogger004:20210923133041j:plain

登り切りました 道に固有名詞が付くだけのことはあります

 

f:id:Blogger004:20210923133325j:plain

登りがきついなら下りはもっときつい(怖い)のでしょう

f:id:Blogger004:20210923133559j:plain

Jバンドから右に少し歩くと鋸岳に行けたようですが、そうとは知らずスルーしました

f:id:Blogger004:20210923133811j:plain

Jバンドからさらに登ります

f:id:Blogger004:20210923133900j:plain

外輪山巡りスタートです

f:id:Blogger004:20210923134129j:plain

仙人岳山頂からの浅間山

f:id:Blogger004:20210923134208j:plain

f:id:Blogger004:20210923134310j:plain

蛇骨岳山頂の様子

f:id:Blogger004:20210923134409j:plain

だんだんと樹林帯に入っていきます

f:id:Blogger004:20210923134513j:plain

振りかえります

f:id:Blogger004:20210923134615j:plain

黒斑山山頂

f:id:Blogger004:20210923134742j:plain

ちゃんとトラバース道も見えて余韻に浸れました

f:id:Blogger004:20210923134913j:plain

帰りは「表コース」を行きます

f:id:Blogger004:20210923135226j:plain

高峰高原ホテルが見えました

f:id:Blogger004:20210923135341j:plain

13:10 無事下山しました

登山口の標高が2000mほどで前掛山の標高が2524mですので、標高差がなくサクッとした登山をイメージしていましたが、登り下りを繰り返しますので、予想に反してかなり登った感のある登山になりました。

さて、ここからキャンプ場に向かわなければなりません。
今回お世話になるキャンプ場は「かくれの郷 キャンプ場」です。
2020年にできた新設キャンプ場のようです。軽井沢の北部にあるキャンプ場です。
食材を買うため軽井沢に向かうのですが、連休中の軽井沢なので見事に渋滞にはまってしまい、キャンプ場に着いたのは16時を回ったころでした。

前日にフリーサイトを予約(@4500円)したのですが、区画エリアのオートサイトはほぼ満杯でした。フリーサイトは管理棟から100mほど離れたところの林間にありましたが、そこも地面がフラットな場所はすでにテントが張られていました。

f:id:Blogger004:20210923150758p:plain

赤い印は炭捨て場です

なんとかテントとタープを張れる個所を確保しました。

f:id:Blogger004:20210923145450j:plain

このキャンプ場は温泉が無料(キャンプ料金に含まれている)ですし、さくっと汗を流しに行きました。そしてマイテントに戻ったころには日が暮れていました。

f:id:Blogger004:20210923151706j:plain

仕事の憂さは山と焚き火で晴らします

前日(連休初日)にフリーサイトを予約できた割にはそこまで悪くないキャンプ場と思いましたが、ゴミ捨て場やトイレ、洗い場が管理棟近くにありフリーサイトから遠いのが難点でした。しかもトイレは仮設トイレ×3が炊事場の近くにあります。
区画エリアのオートキャンパーもこのトイレを使用することとなり、キャンパーの人数に対してトイレの数がマッチしておらず、また炊事場には自然と人が集まりますので、落ち着いて用を足すことができないところがイケてない感じでしたが、現在新管理棟を建設中でしたので、これから良いキャンプ場になっていくのでしょう。

キャンプをメインに楽しむ場合はコスパが良いとは言えず、3連休にもかかわらず直前に予約ができたことの理由はそこら辺にありそうですが、源泉かけ流し温泉があるのと、軽井沢に遊びに行けるロケーションを「利する」と思えるかどうかでしょうか。

山ではトイレまで数分歩かなければならないキャンプ場もあり(e.g. 北アルプス薬師峠キャンプ場)、しかも山のトイレは水洗でないのが普通であり、下界のキャンプ場でも無料や格安のキャンプ場の場合は色々設備に難があり、自分はそういうことに慣れていましたので、このキャンプ場にもそれほど嫌悪感を抱かず「直前に予約できた(焚き火ができる)のだからこんなものだろう」程度で受け入れることができました。
でも友達やパートナーとのキャンプでは使用しないだろうなと想像します。

さて、最後はキャンプ場の評価をしてしまいましたが、この3連休は未踏の百名山を踏破し、焚き火も楽しめましたので、フル充電できた休日でした。

【新潟 百名山】巻機山+銀山平キャンプ場 日頃の行いの善し悪しが問われる登山 2021年8月7日

関越トンネル手前、谷川岳は曇天でした。
この3連休は台風&低気圧に囲まれつつありましたが、関越トンネルを抜けると新潟は晴れていました。

本当はえちこま(越後駒ヶ岳)を狙い、宿泊場所も銀山平キャンプ場にしていましたが、天気のこともあり関越自動車道から近くサクッと登れそうな巻機山に変更しました。

巻機山登山口の駐車場である桜坂駐車場には朝6:30過ぎに到着し、第3駐車場に誘導されましたが、その駐車場も7割ほど埋まっていました。

車中でエネルギー補給していると、救助隊の方らしき人が来て「登山は気を付けて登ってください。登山届も提出をお願いします」と言われました(登山届は駐車場のそばにあります)。
安全登山注意喚起の活動お疲れさまです。なんせここ最近の新潟は日本列島でも高温上位の38℃あたりを記録していますので、心して登ることにします。

f:id:Blogger004:20210809205837p:plain

出典 ヤマプラ

ヤマプラコースタイムでは、ピストンで8時間55分(11.6km)です

ザイルやヘルメット装備の人がいましたが、ヌクビ沢は沢登りコースのようです、よくわかりませんが。自分は右折します。
f:id:Blogger004:20210809212155j:plain

井戸尾根コースは急登らしき個所はなく、そこそこの勾配の登りがずっと続きます。淡々と登っていく感じです。

f:id:Blogger004:20210809212413j:plain

f:id:Blogger004:20210809213026j:plain

ブナの森を歩きます

f:id:Blogger004:20210809213124j:plain

ブナの樹皮は迷彩柄なのでかっこいいです

f:id:Blogger004:20210809213550j:plain

樹林帯を越え、後ろを振り返ると良い眺めです

f:id:Blogger004:20210809213704j:plain

でも行く手はガスっています

f:id:Blogger004:20210809214050j:plain

9:00登頂

f:id:Blogger004:20210809214237j:plain

ニセ巻機山から避難小屋までのあたり、キンコウカの花がきれいでした

f:id:Blogger004:20210809214731j:plain

巻機山避難小屋

f:id:Blogger004:20210809214847j:plain

中はキレイな感じでした

f:id:Blogger004:20210809214949j:plain

池塘に癒されます

f:id:Blogger004:20210809215145j:plain

山頂はガスっていますが、振りかえると良い景色です

f:id:Blogger004:20210809215346j:plain

巻機山1,967m 9:30登頂

f:id:Blogger004:20210809215644j:plain

尾瀬方面

f:id:Blogger004:20210809215810j:plain

牛ヶ岳に向かいます しかし身体が持っていかれるほどの強風です

f:id:Blogger004:20210809220103j:plain

さすが豪雪地帯 結構残っています

f:id:Blogger004:20210809220344j:plain

あれが割引岳(われめきだけ)でしょうか

f:id:Blogger004:20210809220526j:plain

ガスが晴れたときにシャッターを切っています

f:id:Blogger004:20210809220748j:plain

下山します 避難小屋方面はガスが晴れています

f:id:Blogger004:20210809220907j:plain

f:id:Blogger004:20210809221200j:plain

ここら辺は気持ちよく下山できます

f:id:Blogger004:20210809221352j:plain

11:00 この後樹林帯に入りますが高温で汗が滴り落ち、つらい下山でした

f:id:Blogger004:20210809221705j:plain

12;40 この山では登山届に下山届が付属しており、切り取った下山届を提出しました

f:id:Blogger004:20210809222041j:plain

北陸の百名山は未踏でしたが、ようやく1座踏破です。
そこそこ普段の行いは良かったのでしょうか、結果的に山頂の天気は悪くはなく、巻機山を楽しむことができました。
あ、それと桜坂駐車場は有料(500円)でした。

その後、金城の里という温泉施設で汗を流し、龍軒というラーメン屋で空腹を満たしました。龍軒は地元の昔ながらのラーメン屋の雰囲気でしたが、おいしかったです。

その後、魚沼市に北上し、シルバーラインの長いトンネルを経て銀山平キャンプ場に着きました。
車載温度計では下界は38℃でしたが、シルバーラインのトンネル内では17℃でした。

f:id:Blogger004:20210809223832j:plain

銀山平キャンプ場 フリーサイトはゆとりがありました ファミリーが多かったです

f:id:Blogger004:20210809223428j:plain

テントを張り、焚き火をして和む18:30ごろ

登山で疲れてしまい調理する元気がありませんでしたので、夕食はスーパーの刺身がメインディッシュとなりました..。やれやれです。